分断した取引と過払い

一件の金融機関を一度だけ利用し、借りて全額返済した場合には、過払いの計算はシンプルです。

しかし、同じ金融機関からお金を借りて全額返済し、その後新たにお金を借りて返した場合は、過払いの計算もややこしくなります。最初の借入について返済がすべて終了したのが、今から10年を超える場合には、時効とみなされてしまう事も考えられます。

この様に過払いにおいては、一度取引を分断している人もいます。

分断した取引に対する過払いについてはいろんな意見を持つ人がいる様です。過去の分断した取引と過払いの裁判の事例について調べたり、弁護士に聞いてみると参考になりそうです。自分のケースについても、同様に解決されるかはわかりません。