自己破産後の生活が心配な人は司法書士へ相談を

自己破産ではその申立ての申請を行い、その申請が裁判所によって許可されることによって借金が免責されることになります。そのため、この自己破産という制度は多大な借金を背負ってしまった人にとって、そのような状況から抜け出すための救いの手となるのですが、借金が帳消しになる代償としてある程度の制約を受けることになります。

特に破産後の一定の期間はいわゆるブラックリストに載った状態になるため、新規での借入はできなくなります。また、自己破産の相手となった債権者からは永久貸出禁止先として登録されることになるので、今後はその金融機関や貸金業者からは借入ができなくなってしまいます。

ただし、破産によるメリットはとても大きいので借金に苦しんでいる人はまず、司法書士に相談をするようにしましょう。