司法書士でも自己破産の相談は可能です

自己破産の相談は司法書士でも可能です。自己破産の場合は弁護士と考えがちですが、司法書士でも十分に対応は可能です。司法書士の場合は、代理行為ができないだけで弁護士と基本的には業務内容は変わりません。

自分で裁判所に出頭するつもりでしたら、弁護士でなくても破産の手続きは可能です。自分の債務問題ですから、自分で裁判所に出頭するのもいいと思います。借金を解決するには自己破産が一番確実です。

即、借金が焼失して、人生を再スタートすることが可能です。借金で悩むのは時間の無駄です。早めに処理して新しい人生を始めましょう。

自己破産関連

自己破産をすることによって多重債務から逃れられる

多重債務に苦しんでいる方は、自己破産することによって、借金をなくすことが可能です。ですが、行う場合にはメリットとデメリットを知らなければいけません。メリットは、借金を帳消しにすることで、借金の取り立てが一切なくなり、平穏な日常を取り戻すことができます。

次にデメリットは、車や家などの一定の財産を手放す必要があります。その他にも、クレジットカードを利用して借入ができなくなりますので、注意が必要です。なお、自己破産には手順があります。弁護士の指示に従って必要書類や申告をすれば、約3か月で問題は解決します。

多重債務による自己破産の影響

借金を複数箇所から行ない、多重債務者になってしまった場合、自己破産を検討することが多いです。自己破産をするには弁護士を雇い、裁判所を通して、今後の返済が不可能であることを認めてもらうことで、借金をなくすことができます。

しかし、借金がなくなった後はブラックリストに掲載されるため、一定の期間にわたり借入ができなくなるほか、財産を手放さなければならなかったりします。また、根本的になぜ多重債務になってしまったのか、原因を絶つことができなければ、同じ借金苦に再度陥ってしまうことも考えられます。弁護士を雇うとともに、解決策をしっかりと見出すことが不可欠です。

借金生活から抜け出すには弁護士に相談をして自己破産です

借金生活が嫌になり、抜け出したいと思っている人は、弁護士に相談をして借金生活から抜け出すようにしてください。まずは、任意整理など裁判所を通さずに金融機関との交渉を行い、借金を減額していきます。

しかしどうしても返済することが出来ない程の借金がある場合には、裁判所に支払い能力がないことを証明し申請することで、借金を免責してもらうことができこれを自己破産といいます。破産宣告をすると、私生活ではローンを組む事が出来ないなどの一定の制限を受けることになりますが、その後に築いた財産は自分の為に使うことが出来ます。

過払い請求、債務整理なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

弁護士による過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。

本サイトの内容は弁護士が書いたものではありません。責任は負いかねます。大阪、神戸には優れた弁護士も多く、お困りの方はご連絡ください。

過払い請求、債務整理、自己破産などの借金相談の内容を追加していく予定です。