裁判所に自己破産の申し立てをする

債務整理には様々な方法がありますが、最も重い手続きとして自己破産があります。申し立てをして裁判所から免責許可の決定が下されると借金がゼロになるという法的な措置です。

借金がなくなるという大きなメリットが得られる反面、官報に名前と住所が掲載される、高額な財産が没収される、金融機関のブラックリストに掲載されるなどというデメリットも生じるということをきちんと理解しておかなければなりません。

自己破産の手続きは弁護士や司法書士に依頼するのがベストな方法ですので、まずは問い合わせをして法律相談の申し込みをするということから始めましょう。

司法書士と自己破産の申立て

自己破産の申立てをするためには、様々な手続きを取らなけらばならないケースがあるため、実績の豊富な司法書士にアドバイスをもらうことが肝心です。 近頃は、過払い金に関するサポートが充実している司法書士の事務所について、大手のメディアで度々取り上げられることがあるため、短期間のうちに必要な知識を得ることが重要となります。

また、借金相談の予約の取り方については、一般人にとって、すぐに把握をすることが難しいといわれており、まずは様々な立場の人の口コミを参考にしつつ、便利な情報を仕入れることが望ましいといえます。

任意整理をすると債務をどれだけ減額できるか

自己破産では財産を失うのと引き換えに債務が免除され、個人再生では再生計画を完遂できれば残りの借金の返済が全部免除されますが、任意整理の場合はどれだけ減額させられるのでしょうか。

任意整理の場合は債権者との交渉次第で債務の減額幅が決まり、うまくいけば自力で返済可能な程度まで負債を減らすことができますが、単に借金の支払条件の変更で終わるケースも少なくありません。

また、借金全額の返済免除は交渉相手の債権者がどんなに良心的であっても極めて難しく、明らかに債権者側に何らかの瑕疵がある場合でない限りは実現することはまずないといえるでしょう。